ウブロ図鑑

2019年4月3日

ウブロ・HUBLOTの時計 日常の中にある非日常

 

ウブロ・HUBLOTの時計をいろいろ欲しいと思うものの、なかなかいくつも購入することは出来ないでしょう。ですからウブロ・HUBLOTの時計の中で、敢えて何を選ぶのかといえば、【ビッグバン ウニコ チタン×セラミック 411.NM.1170.RX】ということになるのではないでしょうか。

ビッグバン ウニコ チタン×セラミック 411.NM.1170.RXには、ウブロ・HUBLOTの時計の魅力が全部つまっています。

ビッグバン ウニコ チタン×セラミック 411.NM.1170.RX

ビッグバン ウニコ チタン×セラミック 411.NM.1170.RXは、まさに、ウブロ・HUBLOTの一番人気と言っていいでしょう。

ウブロ・HUBLOTの時計のコンセプトが一杯つまっている時計です。

幅45mm、厚さ15mmとダイナミックさも大きな魅力でありながら、重たさを感じさせない136g程度です。

チタンとブラックセラミックをケース素材としているからこのような結果に。大きめサイズで重そうに見えるもののも、流石ウブロ・HUBLOTの時計は、全然そうではありません。

ムーブメントには自社製ムーブメントの「ウニコ」を搭載、まさに、ウブロ・HUBLOTの時計を身に付けていることを周囲の人たちに思い切り知らしめ自慢することが出来ます。

文字盤も裏蓋もスケルトンだから、裏側からでも鑑賞することが出来ますよ。メカが好きという人たちも、こんなウブロ・HUBLOTの時計が欲しいと思っていることでしょう。

ワンクリックでストラップ交換が可能なクイックチェンジシステムなど充実度も抜群です。

アエロフュージョン チタニウム クロノグラフ 525.NX.0170.LR

アエロフュージョン チタニウム クロノグラフ 525.NX.0170.LRも、ウブロ・HUBLOTの時計の中で、最高値の人気です。

アエロフュージョン チタニウム クロノグラフ 525.NX.0170.LRは、クラシカルなDNAとビッグ・バンのスタイルを融合させた、まさに、正真正銘、ウブロ・HUBLOTの時計ということが出来ます。

ウブロ・HUBLOTの時計のクラシックフュージョンの中でも、ボディ全面が、スケルトンで、メカ好きの人たちにもたまらない作品です。

こんなウブロ・HUBLOTの時計をしていると、どこか、SF映画の主人公にでもなったような気持ちにもなることが出来るのではないでしょうか。

いかがでしょうか。、ウブロ・HUBLOTの時計は、果たしてどのような意味をみなさんにもたらすのでしょうか。

ウブロ・HUBLOTの時計、それは、日常生活の非日常です。