ウブロ図鑑

2019年4月3日

“ウブロ・HUBLOTの時計の人気の理由

 

ウブロ・HUBLOTの人気モデルと言えば、「ビッグバン」です。それは、2005年に登場した高級ウォッチです。

ウブロの時計と言えば、現在では、多くの著名人や芸能人に愛用されているから、なんとしても欲しいという人たちも多いのではないでしょうか。

ウブロの時計が成長して行くためには、メディアを上手く活用して行くことも必須と言えるでしょう。ウブロは人気時計ブランドとして世にインパクトを与え続けています。

ウブロ・HUBLOTの人気の理由

ウブロ・HUBLOTの時計の人気があり続けるために企業の果てしない努力があることも間違いはないことです。

現ウブロ会長であるジャン・クロード・ビバー氏は、人気時計ブランドを生み出すために最大限貢献した人物ともいうことが出来ます。

ジャン・クロード・ビバー氏は、ウブロ・HUBLOTという時計を最大値のメジャーな時計と成し遂げさせるために、まさにここにビッグバンの大ヒットを企てたのです。

ビッグバンの大ヒットがないことには、現在のウブロ・HUBLOTの地位もなかったのかもしれません。

ビッグバンの大ヒットの背景

とはいうものの簡単にビッグバンが、意図通り大ヒットするということではありません。

それでもビッグバンがなぜ大ヒットしたのかと言えば、「フュージョン」というコンセプトを用いたからであり、いままで存在していた常識を覆したからだと言います。

もとはと言えば、ウブロ・HUBLOTという時計メーカーは、みなさんが現在想像しているよりもニッチな時計だったのです。

みなさんが高級ウォッチをイメージする時、そこには、「金属製の本体に革ベルト」とか「金属製の本体に金属製のブレスレット」というようなものをイメージするのではないでしょうか。

金属に対しては、だいたいはステンレスや金をイメージするのではないでしょうか。

しかし、実際には、そうでない時計ブランドもあることはあります。

ニッチとは、賢い経営戦略のことであり、ウブロ・HUBLOTという時計メーカーは、ニッチな領域において、常識を覆す戦略をとって来ました。

それはまさに、隙間産業を、継続し続ける果てしない努力です。

イエローゴールドの本体にラバーバンド

ウブロ・HUBLOTという時計メーカーがとって来た、ニッチで常識を覆す戦略の一つが、「金属製の本体にラバーバンド」であり、特に「イエローゴールドの本体にラバーバンドの組み合わせ」です。

そして、ニッチ産業が、世界で誇る時計ブランドの地位を確立することになります。